ビフィズス菌はご存知の通りヨーグルトに含まれています。
よくコマーシャルやヨーグルトのパッケージにビフィズス菌という文字をよく目にします。
ビフィズス菌の摂取の効果は腸の中に住む善玉菌の働きを活発にさせ悪玉菌をおとなしくさせます。
善玉菌は、必要な栄養を吸収して不要な老廃物を排出することによって腸内環境を良くして便秘や肌荒れの原因をなくし、体調を万全にします。
しかし、悪玉菌が優位に立ってしまうと先ほど述べたような働きがなくなるので瞬く間に体調を崩します。
ですから、このようなことがないようにビフィズス菌の摂取をお勧めしたいのです。
それでは、肝心の摂取法ですが、できるだけ新鮮なヨーグルトなどの乳製品の方がビフィズス菌が元気です。
そして、そのえさとなるのがオリゴ糖ですので一緒に摂るとさらに効果的です。
オリゴ糖をかけたりオリゴ糖を多く含むバナナと一緒に食べるとよいです。
また、大豆やゴボウやタマネギにも含まれているので常に摂取していれば腸内は整います。
そして注意点ですが、過剰摂取は体外に流れるだけで無駄になりますし、たいていヨーグルトには砂糖などの糖分が含まれているのでカロリーオーバーして肥満の原因となりますのでご注意ください。
以上述べたことを参考にされて腸内環境を整えて下さい。

001-image

ビフィズス菌と乳酸菌の違いって一体何?

「ビフィズス菌は乳酸菌の一種でしょう?」と思った方も多いのではないでしょうか。
実は両者とも、善玉菌の仲間ではありますが、分類上は別物なのです。
ビフィズス菌は、皆さんよくご存じかと思いますが、腸内に生息する善玉菌ですね。
酸素がある場所では生きられないので、人間の体では大腸にしか見られません。
糖類を分解して乳酸や殺菌力のある酢酸を作り出し、腸内を酸性に保って善玉菌が暮らしやすい環境を作っています。
また、ビタミンB群や葉酸を生成したり、カルシウムの吸収を促すといった働きもしてくれています。
一方乳酸菌は、酸素があっても生きられます。
人間の体のあちこちに見られますし、自然界のあらゆる場所にも存在します。
ブルガリアでは木の葉から乳酸菌を取ってヨーグルトにするという話もありますし、日本の糠漬けにも乳酸菌が入っていますよね。
これがビフィズス菌との大きな違いです。
そして腸内では、主に乳酸を作っています。
しかしビフィズス菌とは違い、酢酸は作ることができません。
数もビフィズス菌の1万分の1~100万分の1という少なさです。
いかがでしたか?両者は同じ善玉菌ということで、よく同じ物として扱われていますが、比べてみると色々と違いがあるのが分かりましたね。

002-image

ビフィズス菌の増殖を促進する物質は何?

善玉菌の一種であるビフィズス菌の増殖を促進する物質でよく知られているのは食物繊維とオリゴ糖です。
善玉菌は私たちの腸内に数えきれないほどの種類が生息していますが、そのほとんどはビフィズス菌だと言われています。
ヨーグルトにたくさん入っているので、毎日ヨーグルトを食べるようにすると効率よく数を保つことができますが、腸内で善玉菌が好んでエサにする物質を同時に食べれば更に増殖を促進して腸内環境を正常に保ったり、悪玉菌が増えるのを防ぐことができます。
ビフィズス菌の増殖を促進するために特に効果があるのはリンゴやバナナ、にんじんです。
食物繊維を豊富に含んでいて、善玉菌が好きな成分が入っているのでこれらの食材を積極的に使って料理をすれば健康効果が得られます。
手頃な値段でどこでも手に入る物質なので、ヨーグルトを食べるときに混ぜたりスムージーの材料にしたり、おやつ代わりにするにも最適です。
ほかにも和食をたくさん食べる人は腸内に善玉菌をたくさん持っていることが分かっているので、味噌や醤油、納豆など発酵食品を進んで食べるようにしましょう。
和食のおかずは根菜や海藻など食物繊維も多いので、腸内環境を整えるために役立ちます。

003-image

ビフィズス菌の効率よい増やし方は?

ビフィズス菌が多く含まれている食品を食べると同時に、エサになる成分も一緒に食べることでビフィズス菌を増やすことが出来ます。
善玉菌の一種であるビフィズス菌はヨーグルトに代表される発酵食品にたくさん含まれているので、毎日ヨーグルトや飲むヨーグルトなどを食事に取り入れたり、納豆や漬けものをおかずにした和食や醤油、味噌を使った料理を食べるようにすると自然に摂取できます。
ヨーグルトを食べ続けるだけでも腸内環境を整えるのに役立ちますが、善玉菌の増やし方を知っておくと更に効率よく数を増やして健康になることができます。
ビフィズス菌は食物繊維やオリゴ糖を好んでエサにすることが分かっているので、ヨーグルトを食べるときにシリアルやバナナを混ぜたりオリゴ糖で甘みをつけるのがおすすめです。
和食のときにごはんを雑穀米や玄米にしたり、にんじんやコンニャク、海藻、キノコ類などをおかずの材料や味噌汁の具にするのも効果的です。
特にバナナ、にんじん、リンゴにはビフィズス菌増殖因子が含まれているので積極的に食べるようにすると腸内で善玉菌が活発に活動し、悪玉菌を減らし、健康な状態を保つことができます。
増やし方を覚えて食事の内容を見直してみましょう。

004-image

肌にもいいの?

ビフィズス菌が肌に良いということはよく知られていますが、それはどうしてなのでしょうか。
また、1日にどのくらいの量を摂取すれば良いのでしょうか。
ご存じのとおり、私達の腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在します。
腸内環境が悪く、悪玉菌が多い場合、便秘気味になり、排出物の色や、臭いもキツイくなります。
免疫力が低下し、顔色がさえなくなる上、肌荒れなども引き起こしやすくなります。
ビフィズス菌は、善玉菌を代表する菌の一つで、適度に摂取することで、腸内環境を整え、どんどん善玉菌を増やしてくれる働きがあります。
腸内環境が整うと、免疫力が高まるだけでなく、貧血改善、コレステロールの低下など様々なプラスの効果が生まれるのです。
更に、便通が良くなりますので、身体の老廃物が排出され、肌が見違えるほど綺麗になってくるのです。
ビフィズス菌は、食事やサプリメントで手軽に摂取することができます。
例えば、ビフィズス菌入りの乳酸菌飲料やヨーグルトなどは、手軽に手に入る他、価格も安いので、日々継続しやすいというメリットがあるでしょう。
ただ、1回に沢山摂取すればするほど良いというわけではありません。
サプリメントなどには1日の摂取量が明記されていますので、用量を守るようにしましょう。

005-image

ビフィズス菌でお腹の調子が良くなる?

ビフィズス菌のおかげで、お腹の調子が良くなって便秘解消の効果が期待できます。
関連サイトを掲載しておきますので、興味があれば訪ねてみてはいかがでしょうか?
腸への効果って何?
ビフィズス菌は日本国内で最も有名な善玉菌の一種ですが、この菌が腸に具体的にどのような効果を持っているのかということについて、正確に把握している人はそこまで多くありません。
では、ビフィズス菌は腸にどのような効果を持っているのかというと、最も大きな効果となるのは殺菌作用です。
一見すると菌のビフィズス菌が殺菌作用を持つというのは不思議なようにも見えるでしょうが、これは主に悪玉菌に対する殺菌作用となります。